一般歯科(虫歯)
一般歯科(歯周病)
矯正歯科
予防歯科
小児歯科
審美歯科
ホワイトニング
審美義歯
審美歯科とは? 審美歯科をお勧めする方 当院の目指す審美歯科治療 当院で使う審美歯科材料

矯正歯科

「審美」とは自然や美術等が持つ本当の美しさを的確に見極めることとあります。
すなわち「審美歯科治療」とは本来皆様が持っている歯と歯肉、唇・笑顔の調和(本当の美しさ)を目指す治療といえます。

審美歯科治療は、痛い・詰め物が取れたなどの対処療法に対応する虫歯や歯周病治療とは違い、さらにもう一歩踏み込んで歯を白くまたは歯茎の色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を創造することを目的としています。

健康的で美しい口元は、とびきりの笑顔と自信を持つことにつながり、気持ちを前向きにしてくれて人生をより豊かにしてくれると思います。

一般的に「審美歯科」というとただ見た目の美しさが大きくクローズアップされていますが、みなみ大高歯科・矯正歯科では見た目だけ美しい歯にするのではなく、歯茎や他の歯との調和や「噛み合わせ」などをよく考えた上で、お顔との調和がとれた美しい笑顔をご提案しております。

審美歯科をお勧めする方

みなみ大高歯科・矯正歯科クリニックでは、自費診療となる審美歯科治療を無理にお勧めしておりません。
いくつかの治療法の選択肢として審美歯科治療をご提案し、治療法ごとのメリット・デメリットをご理解頂いた上で皆様に治療法をお決めいただいております。
  • 金属アレルギーでお悩みの方
  • 笑ったときに銀の詰め物が気になる方
  • 歯茎の縁の黒ずみが気になる方
  • 治療済みの歯が不自然で気になる方
  • 歯の形を希望通りにしたい方 など

当院の目指す審美歯科治療

みなみ大高歯科・矯正歯科クリニックの審美歯科治療は「美しさ」と歯本来の「機能性」、そして「虫歯予防」の3つの視点を考慮していきます。

歯本来の機能性とは「しっかり噛める」ということです。

また患歯と詰めものや被せもの等の補綴物の適合が悪い場合、歯と補綴物の間に「隙間」が生じ、この隙間から虫歯菌が入り込み、患歯の中で再び虫歯が広がることがあります。(これを二次カリエス、二次う蝕といいます)

当院の審美歯科治療における虫歯予防の視点とは、一度治療をした患歯を再度虫歯にしないために、精緻な審美歯科治療を行うということです。

ただし、再度虫歯にしないためには、患者様ご自身の日頃のブラッシングなどの入念なケアと当院での定期的なメンテナンスが必要であるという点は虫歯治療をしていない天然歯と変わりはありません。

つまり審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、同じくらいに咬み合わせなどの「機能性」、「虫歯予防」への配慮が必要ということです。

みなみ大高歯科・矯正歯科クリニックでは、この「審美性」「機能性」「予防」という視点を1歯単位ではなく、お口全体の健康やバランスを考慮して審美歯科治療を進めていきます。

当院で使う審美歯科材料

オールセラミック

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。

オールセラミックを使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

オールセラミックのメリット

・身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がない。
セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。
※オールセラミックの場合、金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。
・自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られる。
光の透過性に優れたオールセラミックは、治療した歯の透明感のある美しさを実現できます。
将来的にも、金属の溶出による歯茎に変色などの心配がございません。
特に見た目の気になる前歯の治療に適しております。

※オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。

・人体への安全性の高い素材である。
人体に対する安全性(生体親和性)もセラミックの特徴で、整形外科領域では人工関節の材料として活用されています。
・プラークが付きにくい。
表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。

オールセラミックのデメリット

・保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる。

オールセラミックの被せもの

金属を一切使わないので、より自然な色調が再現できます。また長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます。
見た目の美しさ ★★★★★ 変色しにくさ ★★★★★
摩耗しにくさ ★★★★★ 体との調和 ★★★★★
口臭のでにくさ ★★★★★    

オールセラミックの詰めもの

金属を一切使わないので、より自然な色調が再現できます。また唾液の吸収がないため、長年の使用でも変色することがありません。
見た目の美しさ ★★★★★ 変色しにくさ ★★★★★
摩耗しにくさ ★★★★★ 体との調和 ★★★★★
口臭のでにくさ ★★★★★    

メタルセラミック(メタルボンド)

メタルセラミックとは、被せ物や差し歯の全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療のことです。
すべてセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちするので、奥歯などの強度が求められる部分にメタルセラミックは適しています。
つまり金属の耐久性の高さとセラミックの審美性を兼ね備えた審美歯科治療といえます。

メタルセラミックのメリット

・自然の歯に近い美しさが得られる。
・プラークが付きにくい。
 表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。
・保険適用の素材と比較して、強度が高い。

メタルセラミックのデメリット

・保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる。
・金属アレルギーのリスクがある。
・オールセラミックに比べた場合、審美性がやや劣る。

メタルセラミックの被せもの

一般的な保険のきかない被せものがこれにあたります。色調、形態ともに優れ、唾液の吸収による変色の心配もありません。内側を強固な金属で補強しますので、ブリッジなどに適しています。
見た目の美しさ ★★★★☆ 変色しにくさ ★★★★★
摩耗しにくさ ★★★★★ 体との調和 ★★★★☆
口臭のでにくさ ★★★★★    

ハイブリッドセラミック

プラスチックにセラミックを混ぜて硬くした歯科用樹脂です。金属を一切使用しないので金属アレルギーの方も使用できます。外見は本物の歯と見分けがつかないほどです。

強度的にはそれほど強くなく、力のかかる部位にはお勧めできません。
審美的な治療の中では、比較的安価でお手頃です。

ハイブリッドセラミックのメリット

・色が歯に似ているので見た目が良い。
・硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがない。
・金属を使用しないので金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。

ハイブリッドセラミックのデメリット

・色調はオールセラミッククラウンに劣る。
・割れることがあるので、噛み合わせの状態によっては使用できないことがある。

ハイブリッドセラミックの詰めもの

セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で製作しますので、色調、強度ともに優れており、詰め物に適した素材です。
但し、保険適用のプラスチックと比較すると変色は少ないですが、お手入れの状態によっては変色することもあります。
見た目の美しさ ★★★★☆ 変色しにくさ ★★★☆☆
摩耗しにくさ ★★★☆☆ 体との調和 ★★★☆☆
口臭のでにくさ ★★★☆☆    

医院概要

診療時間

 
9:45~13:15
14:30~19:00

○月・火・水・金の診療の受付は18:30まで
◆土曜の診療は9:00~13:15、14:30~17:00(受付は16:30)まで
休診日は木曜・日曜・祝日 ※週の中に祝日がある場合は木曜は診療を行います。


[アクセス]
〒459-8016
名古屋市緑区南大高一丁目2118番地 大高YSビル2階

TEL.052-883-8918

・JR「南大高駅」から徒歩7分、総合病院南生協病院さんが目の前にあります。
・イオンモール大高さんが近くにあります。

◎駐車場完備です。

facebook モバイルサイト 患者の気持ち
PAGE TOP