一般歯科(虫歯)
一般歯科(歯周病)
矯正歯科
予防歯科
小児歯科
審美歯科
ホワイトニング
入れ歯

マイナス1歳から始める虫歯予防

生まれてくる赤ちゃんのお口の中に虫歯菌、歯周病菌は存在しません。
出産後、周りの大人から生きていく上で必要な菌と同時に虫歯菌と歯周病菌が赤ちゃんのお口にすみつきます。

生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月は特に虫歯菌に感染しやすい時期だと言われていますので、赤ちゃんのいるご家族は気をつけて頂きたいと思います。

2歳までに虫歯菌に感染してしまうと、虫歯の重症度が高くなります。
これは、何人もの先生が書かれた論文でも明らかにされております。

虫歯菌の感染は、基本的には家族内感染

お母様だけではなく、家族みんなが感染源になる可能性を持っています。
そこで、一緒に暮らしている方のお口の健康管理が大切になってきます。

虫歯菌の感染を防ぐための基本は・・・

  1. 歯科医院で歯のクリーニングを定期的に受ける。
    →お口の中の虫歯菌の数を減らすため。
  2. お子さんと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない。
    →唾液による虫歯菌の感染を防ぐため
  3. 砂糖が入った食べ物や飲み物を控える。
    →虫歯菌がお口の中に感染するとき、お砂糖があると虫歯菌がすみつきやすくなるため。
こういった知識がある方も多いかもしれませんが、子育て世代の多忙なお父様、お母様だと疲れてきたら甘い物が欲しくなるでしょうし、忙しいとお箸やスプーンの共有をしてしまうと思います。
あるアンケートの結果、3分の2以上のお母様は知識があっても、お箸やスプーンの共有をしてしまうと答えています。
今の時代に合わせた予防法が大切になってきます。

虫歯菌にも悪玉と善玉があります

頑固で歯からはがれにくいものを悪玉虫歯菌、歯から剥がれやすいものを善玉虫歯菌と言います。

妊娠中に、悪玉を善玉に変えることが出来たら、歯垢が落としやすくなるので歯磨きが楽になりますし、ネバネバしていたお口の中がサラサラになります。
キシリトール100%のガムを3ヶ月以上食べて頂くと、悪玉が善玉に変わると言われています。
100%キシリトールの虫歯菌予防に関する効果は、日本だけでなく、フィンランド、スウェーデン、アメリカにおいても実証されています。
100%キシリトールのガムは、歯科医院でのみ取り扱っております。

妊婦さんの為の検診

当院では唾液から虫歯菌の量を確認する検査を行うことが出来ます。
この検査を踏まえて、ご家族と生まれてくる赤ちゃんにとって、最適な虫歯予防の方法を提案させて頂きます。

◆虫歯菌検査・・・4200円(税込)
◆100%キシリトールガム・・・1050円(税込) 約1ヶ月分です。

唾液からの簡単虫歯菌検査

妊婦歯科検診の重要性

妊娠しますと、女性の体のホルモンバランスが変わり、その影響で唾液の分泌量が減少し、お口の中のネバネバ感が強くなり、ふだんより歯に歯垢がつきやすい状態になります。
また、妊娠中は、つわりや赤ちゃんをお腹の中に抱えているなどの条件から、食べ物を口にする機会が増えて食生活も変化します。

つまり妊娠初期や妊娠後期は、つわりや子宮で胃が圧迫されることにより一度にたくさんの食事がとれなくなります。この間は間食も栄養補給という面では重要ですが、間食により虫歯になりやすくなるのです。

妊婦さんは虫歯になりやすい?

上述の条件が重なる結果、虫歯ができやすい条件も重なることで、出産後に歯が悪くなる方々が多くおられます。

妊娠の安定期を迎えたら、信頼できる歯医者で歯とお口のチェックを受けることをお勧めします。

妊娠中のお食事と赤ちゃんの歯

赤ちゃんの歯の栄養には、カルシウムだけでなく、タンパク質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良くとることが大切です。

特にカルシウムの摂取には牛乳の他、豆腐、納豆、卵、魚(いわし、めざし、わかさぎ、海老など)があります。
特にバランスのとれた食事をこころがけ、豚肉やレバー、ホウレンソウ、ニンジンなどは歯のエナメル質の土台となりますので、積極的に摂って頂きたいと思います。

医院概要

診療時間

 
9:45~13:15
14:30~19:00

○月・火・水・金の診療の受付は18:30まで
◆土曜の診療は9:00~13:15、14:30~17:00(受付は16:30)まで
休診日は木曜・日曜・祝日 ※週の中に祝日がある場合は木曜は診療を行います。


[アクセス]
〒459-8016
名古屋市緑区南大高一丁目2118番地 大高YSビル2階

TEL.052-883-8918

・JR「南大高駅」から徒歩7分、総合病院南生協病院さんが目の前にあります。
・イオンモール大高さんが近くにあります。

◎駐車場あります

facebook モバイルサイト 患者の気持ち
PAGE TOP